【DeNA】山口がFA権行使決断!週明け申請、残留か巨人移籍か
DeNA・山口俊投手(29)が国内FA権行使を決断したことが5日、分かった。球団側へ権利行使の意思を伝え、週明けにも申請書類を提出する予定だ。

 プロ11年目の今季は、先発の柱としてチームトップの11勝を記録。14年途中に抑えから転向し、自己最高となる成績を残した。今年5月に権利を取得。シーズン終了後から進路を考え「生え抜きとしてやっていくのか、最大の評価をしてくれるチームに行くべきか…。自問自答しています」と正直な心境を吐露してきた。DeNAは来季以降も不可欠な戦力として評価。3年契約に加え、FA宣言後の残留も容認している。
以下省略
11/6スポーツ報知

 

f:id:monkox:20161106103324j:plain

 球団の誠意って大切なんですね。

山口は球団がロペス再契約を優先したことに不信感をもっているようです。

「一流スポーツ紙」東スポ情報によると、シーズン中に2年4億6000万円でロペスとの契約を延長。その間、下交渉がなかったことを山口は不満に感じたようです。
さらに、宣言残留を認めるも高田GMは「(今だしている)条件を他球団の話を聞いた後に見直すことはない」と言った事を山口は、「チームに必要とされていない」と感じたようです。

 

山口は今季11勝と活躍しました。

2008年から2013年まで中継ぎ、抑えとして投げ、2009年~2012年まで50試合以上を投げチームに貢献しました。
ただ、2013年は44試合を投げ防御率5.40と期待に応えられませんでした。

2014年途中から先発に転向し8勝5敗と成績を残し、翌年から先発投手に。

よって、実質1年間先発で投げたのは昨年と今季の2年です。

 

DeNA山口2015.16成績

2015 20試合 3勝6敗 防御率4.49

2016 19試合 11勝5敗 防御率2.86

 

 

数字をみてわかるように山口は先発投手として1年間フルで働いた時がありません。
2015年は不調で1軍2軍を行き来し、今季は足首の故障と9/10の試合で右肩痛を発症し、残りシーズンとCSに登板することはありませんでした。

 

この成績をみてDeNAは山口を好条件で慰留する必要はないと判断したわけです。
だって、ロペスと交渉しながら、山口の交渉も同時進行できるのにそれをしなかったということは、

「必要だけどそこまでじゃ・・・・」というのがDeNAの本音でしょう。

 

 

ジャイアンツ獲得は?

 

ブログ主は山口をみていると、広島から巨人に入団した大竹寛くらいのイメージです。

その位の評価ですがジャイアンツはFAが上手く進んでいないため、山口獲得に動くでしょう。

日ハムからトレードで獲得した吉川も、最近は結果がでていませんから、先発のコマをしっかりそろえる必要はありますね。

 

 

地元ソフトバンクは?

 

ソフトバンクが獲得に動く噂を今のところ聞きません。

歴史的敗戦をしたソフトバンクは来季優勝に向け補強は必須です。

大分出身、柳ヶ浦高出身のご当地選手の獲得に動かないとなると、ソフトバンクの山口の評価が低いということです。

地元と言うひいき目でみても獲得に動かないのは、強力な投手力と創価大・田中の獲得が理由なのか?

ただ、和田の左ヒジの不安、摂津の不安、東浜の不安定さに加え、創価大・田中は無理に開幕にあわせないと思うので、先発を1枚加える必要はあると思います。

それでも獲得に動きがないのは、山口はソフトバンクの先発陣に加わる力がないと判断されているのかもしれません。

 

 

それでもほしい山口!

 

ソフトバンクは別として、どのチームも先発のコマ不足ですから、3番手、4番手の先発として欲しい球団は多いと思います。

ドラフトで野手を1位指名した阪神。

投壊したヤクルト。

最下位に沈んだ中日。

山口には中日・大島、平田の残留で盛り下がったストーブリーグを是非とも盛り上げてほしい!残留なんて絶対ダメよ!