DealExtremeで、Bluetoothのハンズフリー?イヤホンを買ってみました。
それっぽいデザインで$20(1,500円前後)のお安いモノだったのですが、Jabra STREET(BT3030)のパチモンのようです。コケてもギリギリ痛くない価格かなあと思って、思い切ってみました。
こんなかんじ。青く光るんだぜ!
f:id:Akkiesoft:20120206003401j:image:w450
下の小さいポッチの部分は本来Jabraというロゴが入ってます。
で、早速試してみたレポート。

ペアリング

ペアリングは、説明書にある「00000(4zeros)」(原文ママ)のPINコード入力が必要という説明に反して、PINコード入力なしでペアリングできます。

パチモンぐあい

先述のロゴの有無の他に、パッケージの怪しさ具合からも、胡散臭さ(いい意味で?)を感じ取ることができます。
また、ファームウェアアップデートできるかと思って、USB接続したり、ファームウェアアップデートモードのボタン押しを試したりしましたが、デバイスとして認識されることもなく、紫色にも光らなかったので、まあ多分そういうことなんだと思います。
あと、通話ボタン(兼電源ボタン)は強く押さないと作動しないです。指が疲れる。

iPod touch 4th

これで使いたかったのですが、結果から言うとだめでした。
ペアリングは出来ますし、再生ボタンや戻す・送るボタンで操作することも出来ますが、音が流れてこず、数秒後に接続が切れてしまいます。
通話モードも、つかえたりつかえなかったり。

INFOBAR A01

試した中では一番まともに近い動作でした。が、曲再生はぶつぶつ音が切れて使い物になるレベルには遠いです。
通話モードは問題なく利用できました。INFOBARの通話専用になりそうなフラグです。

PC(USBのドングル)

曲再生とかは試してないですが、マイクとしていい感じにつかえそう、と思った矢先、Apple Wireless Keyboardの入力が不安定になったため、イマイチな結果に。これはUSBドングルが安物のせいかもしれないです。

MacBookPro

接続できましたが、切り替えの途中でiTunesがクラッシュし、ファイルがロックされていて起動できなくなったり、システムが不安定になったりして、ビビッて中止。それがなければMacが地味に有効活用できるかもしれない?

まとめ

所詮パチモンの安物でした。セケン一般には「安物買いの銭失い」というものですが、Blurtoothモノにはそもそもあまりいい思い出がないので、高いものを買って安心できる気がしないという思いもあります。うーん悩ましい。
そしてやはり有線が一番確実という結論に至るのかもしれない。うーーん。
もしかすると、パチモンの中でも不良品にあたっている可能性も無きにしも非ずですが、英語でサポートに対応を求めるのも面倒ですし、多分(どちらが負担することになるにせよ)返品の送料とか到着までの期間とかの時間ロスを考えると、転んでも泣かない値段なんだからあきらめろ、と自分に言い聞かせるのがベターのような気がしています。