珍遊記

2017/11/12

山口雄大監督作「珍遊記」(2016)[DVD]

法力を操る僧侶・玄奘と極悪非道な不良少年・山田太郎が、天竺へ向かう旅の途中で訪れた町で遭遇した、宗教団体の教祖との珍妙な戦いの行方を描くコメディ作品。

 

慢成二年、食の国。ある夜、天竺を目指して旅を続ける僧侶・玄奘は、山里の山田家に立ち寄る。じじいとばばあは玄奘に促され、恐ろしい息子・太郎を授かった経緯を打ち明ける。16年前のある日、子供を願う二人が外でまぐわっていると、突然暗雲が垂れ込め、稲妻が落ちた。その場所に赤子を発見した二人は、願いが天に通じ、神様が授けてくれたのだと考え、赤子を太郎と名付けて育てる事にした。ところが太郎は成長するにつれ凶暴化し、やがて妖力を使う様になった。太郎は人から盗んだ金で豪邸を建てる一方、じじいとばばあにはボロ屋を与えたのだという。

じじいとばばあは太郎に歯向かえば一瞬で殺されると警告し、玄奘に引き取る様に促す。玄奘は法力「乳房矯正具脱着(ブラホックオフ)」と「浪饅頭飛行(カールスモーキー)」を披露すると、法力で太郎の妖力を抑えこみ、更生を図る事を申し出る。法力を見たじじいとばばあは、東の都で鬼退治をしたと噂される玄奘本人だと確信し、神様が遣わしてくれたのだと喜ぶ。そこにすさまじい妖気を伴った巨躯の太郎が帰ってくる。玄奘は仏の力を最大まで高めるべく、じじいとばばあに時間を稼ぐ様に促す。太郎は両親を威圧した後、即座に坊主の匂いと念仏の声を察知する。間もなく、仏の力を覚醒させた玄奘が姿を現し、太郎と対峙する。

太郎はちんこによる強力な攻撃を繰り出そうとするが、玄奘が女である事からちんこを曝け出す事を恥じらい、代わりに放屁による爆風を炸裂させる。玄奘は法力「超高速回転石(ローリング・ストーン)」、更に「妖気吸収石(パンパース)」を繰り出し、太郎の妖気を石に吸収させる。石はたちまち巨大化し、その重さで太郎は押し潰される。しかし、石は玄奘の想定を上回るまでに巨大化し、亀裂が生じ始める。玄奘は石が崩壊すると大量の妖気が撒き散らされ、大変な事になる説くと、師匠から授かった数珠を用いて、更なる妖気の吸収力を持つ法力「特殊妖気吸収石(スペシャル・パンパース)」を繰り出す。

妖気が数珠に吸収され、石が縮むと、その中から少年と化した素っ裸の太郎が姿を現す。玄奘は太郎の妖気と邪気が取り除かれたと主張するが、太郎は突然じじいとばばあに襲いかかる。玄奘は太郎の頭に緊箍児をはめると、念仏を唱えて締め付ける。太郎は悶絶した末に失神する。玄奘は太郎を自分が預かる事で、徳を積ませ、天竺に連れて行き、悟りを開かせて立派な人間に変えると、じじいとばばあに申し出る。じじいとばばあは玄奘に悪態をついて去っていく。

玄奘は太郎を旅に連れ出すと、太郎が反抗する度に念仏で懲らしめ、従わせる。やがて二人は山間の町に差し掛かる。町の入り口で、自警団を自称するたけし、やすし、きよしが玄奘達の前に立ちはだかる。たけしはフルチンで歩く太郎を怪しいと詰り、町に立ち入る事を禁じる。たけしは父親が伝説の武闘家・中村泰造であり、現在はアル中で失踪している事を明かす。太郎は意に介さず、三人を半殺しにし、たけしから服を奪い取る。

玄奘達は賑やかな町の中で、美しい容姿の男に町人達が群がり、魅了されている様子を目の当たりにする。熱狂的なファンを自称するオタクは、その男が全ての幸せが微笑みから生まれるという教えを説く宗教「微笑み教」の教祖・龍翔であり、病気や怪我を治す不思議な力を持っている事を二人に明かす。龍翔はかつて太郎に受けた屈辱への恨み、怒り、復讐心をエネルギーに変える事で成功を収めた後、その絶大な富と権力を用いて太郎の捜索を続けてきたのだった。

玄奘達は料理店「珍々亭」で食事を取る。二人は料理の味は申し分無いものの、店主・珍珍の体臭が尋常でないほど酷い為に、客が寄り付かないのだと指摘する。玄奘は法力「悪臭退散(ムシューダ)」で店主の体臭の治療を施す。間もなく、その報せを聞きつけ、龍翔に相手にされない町の年寄り達が玄奘の治療を求めて押し寄せる。治療で元気になった年寄り達が挙って料理を注文し、店を大繁盛に導く。

玄奘が治療に精を出す間、太郎は羽根を伸ばすべく町に繰り出し、酒場に入る。そこで太郎は、自分が龍翔から一億円の賞金首にされており、そこに屯するならず者達が方々から集まった腕自慢の賞金稼ぎなのだと知る。ならず者達は現在の太郎の風貌が、手配書の人相と全く異なる事から本人と気付かず、猿と罵る。太郎は自らが山田太郎だと明かし、戦いに応じる意向を示す。ならず者達は太郎の風貌に加え、着ている服に「たけし」と記されている事から、真に受けずに軽侮する。太郎は服がもらいものであり、妖力を吸い取られて現在の姿になった事を明かし、本物の太郎だと主張する。ならず者達は、本物なら弱っている今がチャンスだと判断し、総出になって太郎に襲いかかる。太郎は「必殺全裸拳」を繰り出し、ならず者達を容易く皆殺しにすると、その内のザコと服を取り替える。

龍翔の側近・奈落は玄奘が民衆の心を掴んでいる事を龍翔に報せ、龍翔の価値が下がる恐れを指摘する。その後、奈落は手下の恵蘭、雲海、張明と共に珍々亭へ押しかけると、玄奘が妖怪の類だと指摘し、殺そうとする。そこにやってきた龍翔は、玄奘に一目惚れし、咄嗟に玄奘を庇う。龍翔は玄奘に不手際を詫びると、治療の取り組みを素晴らしいと評価し、協力を申し出る。その夜、龍翔は屋敷に戻った後も玄奘への恋心を募らせる。奈落は太郎が町に滞在しており、酒場で賞金稼ぎ達を皆殺しにした件を龍翔に報せる。

翌日、玄奘が治療を続ける一方で、暇を持て余した太郎は再び町に繰り出し、手品師の男から龍翔の決闘状を受け取る。太郎は龍翔に決闘場として指定された町外れの洞窟に意気揚々と訪れる。そこに酔っぱらいの男が現れ、酔拳を繰り出して太郎に襲いかかる。太郎は強敵に巡り会えた事に喜び、戦いに応じる。程なく、そこに龍翔が駆け付けるが、太郎は龍翔に気付かずに、酔っぱらいと激しい戦いを繰り広げる。両者は互角に戦いを続けるが、酔っぱらいは酒が切れるとその場を後にする。龍翔は改めて自己紹介すると、積年の恨みについて明かす。しかし、太郎が思い出せずにいると、龍翔は付け鼻の下に隠した醜い豚鼻を見せ、忌まわしい記憶を述懐する。

5,6年前、同級生の房子に片思いしていた龍翔は、ある時、意を決して房子に告白し、快諾を得た。ところがその矢先に、龍翔は山田太郎にぶつかった廉で因縁を付けられ、屁を浴びせられた。そのあまりの臭さに龍翔の鼻は曲がり、豚鼻と化してしまった。それが原因で房子は近寄らなくなり、龍翔は人生を狂わせた太郎への復讐を誓ったのだった。

太郎は思い出すどころか、龍翔の豚鼻を見て爆笑する。憤怒した龍翔は法力を発動しようとするが、その途端に太郎に一撃で打ちのめされる。龍翔が屋敷に担ぎ込まれると、奈落は全勢力を集結し、攻め入るべきだと進言する。しかし、龍翔は玄奘に会いたいと主張し、一旦告る事を決意する。龍翔は早速、夕暮れ時の浜辺に玄奘を呼び出し、告白する。玄奘はそれを断ると、自らが女を捨てて修行に専念する身であり、更に極悪人の太郎を更生させて、天竺に連れて行くという使命がある事を明かし、太郎が今の自分にとって一番大事な存在だと説く。龍翔は愕然としながらも、太郎への恨みを新たにする。

町の老人達は玄奘の治療により皆元気になり、玄奘に旅に復帰する様に促す。一方、龍翔は太郎を殺す為に実行部隊を集めようとするが、奈落は部隊が皆、龍翔の復讐の動機や女に現を抜かす様子に失望し、実家に帰った事を明かす。龍翔はその代わりにハリス、エライアス、ボブからなる外人部隊を呼び寄せ、太郎の抹殺を依頼する。

町を発った玄奘達の元にたけし達が駆け付け、酒場のならず者達をやっつけてくれた事の謝意を伝えようとする。そこへ龍翔率いる外人部隊が銃火器で奇襲を仕掛ける。龍翔は恨みを晴らす為だけに生きてきたのだと説くが、太郎は身に覚えが無く、困惑する。玄奘は自分が振った事を恨んでいるのだと誤解し、憎しみあっても何も生まれないと説き、争いをやめる様に諭す。痺れを切らした奈落は、玄奘に対して恋愛などできないつるっぱげの天竺バカ女と痛罵する。玄奘はブチギレし、仏の力を覚醒させると、法力「乳房矯正具脱着」「浪饅頭飛行」などを立て続けに繰り出す事で、部隊を圧倒する。玄奘は更に、龍翔目掛けて「特殊妖気吸収石」を繰り出そうとするが、その矢先に力を使い果たしてしまう。その隙に玄奘は奈落に銃撃を受け、足を負傷する。玄奘は太郎の緊箍児を取ってやると、自由の身だと説き、逃げる様に促す。太郎は逃げようとするが、踵を返して龍翔達に対峙すると、「クリフハンガー」を繰り出し、外人部隊を屁の爆風で吹き飛ばす。三人は地球を一周してじじいとばばあの里に落下する。じじいとばばあは子宝を授かったと喜び、三人を立派に育て上げ、幸せに暮らす。龍翔は玄奘に帰る様に命じられ、奈落達と共に退散する。

玄奘は太郎にはもう緊箍児が必要無いと説き、自らの意志で善悪を見極める様に諭す。しかし、太郎は再び緊箍児を嵌め、旅に同行する意向を示す。玄奘達は町のスターが龍翔から、手品師・王仙に取って代わられる様子を見届けた後、町を発つ。そこにたけしがやってきて、お礼と称して太郎に虎柄のマントを譲る。その矢先に酔っ払いが姿を現す。たけしはその男こそ、父親で史上最強の武闘家の中村泰造だと明かす。太郎は決着を付けるべく、中村泰造に挑むが・・・あっさりと敗れる。

f:id:horohhoo:20160910125045j:plain

f:id:horohhoo:20160910125049j:plain

f:id:horohhoo:20160910125052j:plain

f:id:horohhoo:20160910125056j:plain

f:id:horohhoo:20160910125059j:plain

f:id:horohhoo:20160910125103j:plain

f:id:horohhoo:20160910125106j:plain

f:id:horohhoo:20160910125110j:plain

f:id:horohhoo:20160910125113j:plain

f:id:horohhoo:20160910125117j:plain

f:id:horohhoo:20160910125120j:plain

f:id:horohhoo:20160910125125j:plain

f:id:horohhoo:20160910125129j:plain

f:id:horohhoo:20160910125133j:plain

f:id:horohhoo:20160910125138j:plain

f:id:horohhoo:20160910125141j:plain